未分類

最近話題の「CBDオイル」。CBD以外の成分も体に良さそう!?

都会のデパートや多くの女性誌で目にすることが多くなってきた「CBDオイル」。

CBDとは大麻に含まれるカンナビノイドの一種、カンナビジオールのことですが、
「CBDオイル」にはその他にもどんな成分が含まれているのか?

CBDという成分は油にしか溶けないので、
何かしらの油に溶かして、オイルとして利用します。

もっとも知名度の高い「エリクシノール」社のCBDオイルは
次のようになってます。

原材料名は「食用ココナッツオイル」「食用麻の実油」となっていますね。
CBDとは書かれていませんが、この中に300㎎のCBDが含まれています。

その他にも、オリーブオイルが使われているCBDオイルもあります。

ではエリクシノール社のこのCBDオイルに含まれているこの2つの油には
どのような効能があるのか?

<ココナッツオイルの効能>
中鎖脂肪酸はすぐにエネルギーになりやすく、ダイエットに効果的
老廃物を外に出すデトックス作用、便秘解消効果が期待
糖尿病の予防・改善になる
体内に侵入してくる病原菌を退治してくれる抗菌作用
痛みの原因となる炎症を抑える抗炎症作用
紫外線による酸化から肌を守って、シワや美白に効果的
認知症・アルツハイマーの予防・改善

<麻の実油(ヘンプシードオイル)の効能>
アトピー性皮膚炎の改善
免疫力系の強化
認知症やうつなどの改善
動脈硬化や脳梗塞の予防
脂肪を燃焼させダイエット効果
保湿作用があり乾燥した皮膚や髪に潤いを与える
酸化を防ぎアンチエイジング

上記のような効能が期待されています。

今回紹介したエリクシノール社のCBDオイルには300mgのCBDが含まれており
濃度にすると1%になります。

いろいろなCBDオイルの製品を見てみるとわかりますが、
そんなにCBDの濃度が高くないですね。

どれくらいのCBDが含まれていれば効果があるのか?ということは
わかりませんが、CBD以外の成分、「ココナッツオイル」や「麻の実油」にも
かなり大きな健康、美容効果あるので、日常的に取り入れてみてもよいかと思います。